「お月見団子」-銀座あけぼの...

今日9月21日は十五夜・仲秋の名月、そして満月。国立天文台によると「仲秋の名月」と「満月」が重なるのは8年ぶりだそうです。

今日は朝からちょっとウキウキ、というのは銀座あけぼのさんに「お月見団子」の予約をしていて今日がピックアップの日。今日一日だけなのです。

お団子と特製餡がついて864円(込み)です。ちょうどお彼岸限定販売の黄金餅おはぎ(4種1個248円)も販売されていてそちらもいただくことに。一緒にお供えしましょう。少し雲がかかってきたのが心配ですが、「十五夜お月さん」綺麗ですね。

江戸後期の風俗誌「守貞謾稿」には「江戸では必ずススキを供えるのに対し、上方ではススキも他の花も供えない。江戸の団子は丸形、上方は先をとがらせた小芋形」と書かれています。里芋を供えるので別名「芋名月」ともいいますね。

そして「十五夜」から1ヶ月後の旧暦九月十三日の夜のことを「十三夜」といいますが、昔は十五夜の月見をしたら、必ず十三夜にも月見をして祝うものとされていたそうで、「十五夜」に対して「後(のち)の月」とも呼ばれています。十五夜だけの月見は「片月見」といい縁起がよくないこととされていました。(「日本の暦と年中行事」新谷尚紀より)こちらは「お供え物の豆や栗が食べ頃になることから「豆名月」と呼ばれています。

因みに今年の十三夜は10月18日(月)です。

「お月見団子」-銀座あけぼの https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2505

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-11

    初訪問・下町の風物詩「せともの市」レポート~お気に入りのせとものを探して~


    こんにちは。Hanes(ハネス)です。

    お勧め検索

    動画で見る中央区

    1. 2021-3-18

      中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

      プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

    体験・遊び

    1. 2022-7-15

      ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

      ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る