カワウソがいたころの佃島...


こんにちは。アクティブな活動はお休み中のHanes(ハネス)です。
昨年10月に「中央区の怪談話 歌妓が恐れた築地の川獺」を執筆して以来、中央区内にいたとされる「カワウソ」のことが気になっていました。
先日、京橋図書館地域資料室にて、大川悦生・作、宮本忠夫・絵『東京にカワウソがいたころーつくだっ子物語ー』(国土社、1987年)という本に出会い、迷わず手に取ってみました。

この本は、1980年代くらいまで佃に住んでいた1891年生まれの女性が語った話をもとに執筆されたもので、タイトルから分かる通り、佃が舞台となっています。

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-11-26

    COREDO×EXILE CHRISTMAS 2022

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る