「波除稲荷」と「浪除稲荷」...

今年もあと5日、神社に年越しの大祓の茅の輪が見られるようになりました。場外に買物に出かけ、波除さんにもお参りにと思ったら茅の輪くぐりの凄い行列。「厄落とし」「疫病退散」を祈願したいという心理は皆同じ。

ところで、この波除稲荷神社は「波」ですが、佃の「浪除稲荷神社」は「浪」になっています。この「波」と「浪」の違いですが、漢字の意味上の差はないようです。築地の浪除稲荷は「埋め立て工事中、海中から稲荷明神の像が出現」したという故事がありますが、佃の浪除稲荷は創建年・ご由緒が不明とされています。一説には佃の漁民は摂津・大坂の出身なので「浪速」の「浪」を使ったのではと云われていますが。築地も佃も埋め立て地なので漁業・水運関係者が水難除けや大漁を祈念して祀ったのは確かでしょうが、気になりますね。

「波除稲荷」と「浪除稲荷」 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2689

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-16

    家紋?社章?月島の街角に残る謎のマークに迫る


    こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です。
    中央区に引っ越してきて…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-7-15

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る