中央区にあったアメリカ公使館...

現在、アメリカ大使館は、港区赤坂にあります。しかしそれ以前、上記の案内板にあるように、中央区明石町の聖路加ガーデンの場所に、明治7年から明治23年までの16年間、アメリカ公使館があったのです。日本におけるアメリカ大使館の歴史は、嘉永6年(1853)のペリー来航に始まります。安政3年(1856)に、初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスが、下田の玉泉寺に臨時の領事館を開きます。安政6年(1859)弁理公使に任ぜられたハリスは、幕府より貸与された麻布の善福寺に、公使館と住居を移します。文久3年(1863)公使館が置かれていた麻布善福寺の庫裏から出火し、建物が消失したため、公使館は横浜関内の外国人居留地に移転します。そして明治7年(1874)ジョン・ビンガム公使は築地の外国人居留地(現:中央区明石町)に公使館と住居を移しました。

中央区にあったアメリカ公使館 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2708

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-11

    初訪問・下町の風物詩「せともの市」レポート~お気に入りのせとものを探して~


    こんにちは。Hanes(ハネス)です。

    お勧め検索

    動画で見る中央区

    1. 2021-3-18

      中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

      プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

    体験・遊び

    1. 2022-7-15

      ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

      ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る