向井将監忠勝が1634年に建造した安宅丸(あたけまる)は 2017年に歴史を超えて現在に蘇っていた!...

1632寛永9年3代将軍徳川家光(2代将軍秀忠との説の有り)の命により、忠勝は江戸幕府史上最大の軍艦形式の御座船『安宅丸』を父正綱譲りの造船技術をもって新造しました。この巨大な船は徳川幕府の威信を示すために作られ、江戸名物の一つになって「日本一の御船」と呼ばれました。

1682天和2年5代将軍綱吉の命により、『安宅丸』を解体する時は『徳川実地紀』には「古今比類なき大船なので、水主・摂取をはじめ関わる人は数百人いる。結果的に1年に10万石の税が必要と言われた。よって老中堀田正俊が、下々の奢侈を禁止するためにも、まず、お上が無駄な費用を省くべきであると建議し、解体に至った」とありました。

江戸幕府の確立を初代将軍家康から引き継いだ実直な2代将軍秀忠と生まれながらの将軍と言われた3代家光の2人の魂が込められた安宅丸は徳川幕府の権威の象徴でしたが、幕府体制が盤石となった48年後には莫大な維持費だけが掛かるだけの無用の長物になってしまいました。

安宅丸は江戸幕府270年の歴史の中で最も大きな船として、三浦按針の造船技術を参考にして忠勝によって製作されました。

 

向井将監忠勝が1634年に建造した安宅丸(あたけまる)は
2017年に歴史を超えて現在に蘇っていた! https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2167

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-15

    深川 二の宮神輿渡御

    富岡八幡宮の祭礼は「深川八幡祭り」とも称され、「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」とも謳…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-7-15

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る