「京はし 満津金」江戸の香り豊かな紙製品のお店  中央区推奨土産品:江戸の華 手みやげ<日本橋セット>...

 京橋は、江戸時代初期、日本橋とともに江戸の町人地として開かれた地です。

 「京はし 満津金」(京橋2-6-5)は、店主である細田剛さん(写真)のお話では、1931年創業

 の「金陽社印刷所」が、2016年に、東京オリンピック開催に向け、江戸や京橋の歴史や文化を

 伝えるお土産物を、と考えて始めたお店だそうです。

 店頭は、「弓張提灯」や擬宝珠が飾られた「京橋」の親柱の形が、江戸情緒を演出しています。

 

「京はし 満津金」江戸の香り豊かな紙製品のお店
 中央区推奨土産品:江戸の華 手みやげ<日本橋セット> https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3070

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-3

    2022 師走の銀座「Xmas特別バージョン」競演

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る