扇子 伝統の風が吹く...

日が長い時期になりました。水辺では、蜻蛉の姿をみかけます。前にしか進まず、退かないという性質から、不退転の精神をあらわす「勝虫」とも言われ、蜻蛉の文様は縁起物として武士に好まれました。

江戸時代になると、縁起の良い文様としてだけではなく、水辺の風情をあらわすものとしても町人の着物や帯の意匠に用いられるようになりました。そのような情趣や文化を意識し、秀逸にデザインされた江戸扇子が、現代でも老舗店で人気を博しています。

扇子 伝統の風が吹く https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2888

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-3

    2022 師走の銀座「Xmas特別バージョン」競演

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る