土佐藩築地藩邸...

 司馬遼太郎著『竜馬がゆく』を読み返しました。
 坂本龍馬は、嘉永6年(1853年)と安政3年(1856年)の2度、江戸へ剣術修行に出ています。
 江戸に出てきた当初は、土佐藩鍜治橋藩邸で起居し、ここから桶町(中央区八重洲2丁目8番先)の千葉定吉道場へ通っています。その後「築地藩邸」に移ったようです。『竜馬がゆく』では、「竜馬は、鍜治橋の藩邸から築地の藩邸に移されていた。竜馬だけでなく、わかい藩士のほとんどが、築地、品川の二つの下屋敷に移されたのである。これは黒船の江戸湾侵入に備えての土佐藩の防備態勢のひとつで、この二つの海沿いの屋敷に人数を常駐させる一方、幕府の許可をえて品川に台場を築きつつあった」と述べられています。この土佐藩築地藩邸は、現在の中央区役所そばですね。
 その後、竜馬が通った軍艦操練所跡にも説明版が設置されています。『竜馬がゆく』では、「築地本願寺から橋を一つ、東へ渡ると、南小田原町である。もう海のにおいがする。さらに東へゆくと、かつて芸州藩の下屋敷のあったところ、ごく最近まで幕府の講武所がおかれていた一角があり、その向こうは海である。そこに、安政四年以来、幕府の軍艦操練所がおかれている」と述べられています。
 こうした歴史小説は、登場する地名になじみがあり、距離感があると、興趣も深まりますね。

 

土佐藩築地藩邸 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3170

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-3

    2022 師走の銀座「Xmas特別バージョン」競演

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る