ジョセフィーヌの鐘と江戸のジャンヌルイーズ 2つの鐘の消息...

 東京カテドラル聖マリア大聖堂・カトリック関口教会に参拝に行ってきました。 

3年ぶりに丹下健三先生の設計した大聖堂の建物を内部から拝見した時に、その入りくる光に神の厳かさを感じました。

そして、庭に据え付けれれている「ジョセフィーヌの鐘」も見学してきました。説明碑には次のことが書かれています。

 キリスト教が解禁されて間もない1877年、築地に聖堂が完成し、2つの鐘がフランスから海を渡って運ばれてきました。 そのひとつがこの鐘です。「日本近代化の父」と呼ばれるギュスターブ・ボアンソナード氏とアンリエット婦人により寄贈され、「アドレード・ジョセフィーヌ」と名付けられました。

2つの鐘は築地教会で二重奏を奏でていましたが、ジョセフィーヌは1920年の東京大司祭座の移転とあわせ関口教会に移されました。

第二次世界大戦中、金属として供出されそうになりますが、明治憲法記念館からの申し入れにより免れたと言われています。 その後も戦災を乗り越え時を告げてきましたが、1964年の現大聖堂の献堂により役目を終えました。もう1つの鐘である「江戸のジャンヌ・ルイーズ」もまた、築地教会に保管されています。

ジョセフィーヌの鐘と江戸のジャンヌルイーズ 2つの鐘の消息 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3127

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-3

    2022 師走の銀座「Xmas特別バージョン」競演

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る