桜川の移り変わり...

東京メトロ日比谷線八丁堀駅を地上に出たところに 桜川公園 があります。

このオブジェは MOON LIGHT STAGE ー月舞台ー といいます。

この場所はもともとは八丁堀と呼ばれた川でした。

京橋川下流から開削され亀島川に合流し、江戸時代は大川と呼ばれた隅田川に流れ込む水路です。

江戸の物流で一番大事なのは通船のための水路の確保でした。

長さが八町(約873m)あるので 八町堀 と呼ばれます。

丁は町の略字ですね。今は 八丁堀 が通称です。

当初は寺が多数ある寺町でしたが、江戸城下の拡張工事のためほとんどの寺が浅草方面へ移転を命じられ、跡地に与力同心組屋敷の町が出来ます。

江戸庶民は与力同心達を八丁堀の旦那と呼びます。

堀の北側を本八丁堀、南側は南八丁堀の地名が付き、現在も本八丁堀側が地名として残り、東京メトロ日比谷線とJR京葉線の駅名としても残っています。

明治16年、堀の名称は八丁堀から 桜川 に改称されました。

紅葉川のもみじや楓川のカエデのように堀脇に桜の木があったのでしょうか。

それとも楓川とつながるため”秋の楓”と対比して”春の桜”と命名されたのでしょうか。

 

桜川の移り変わり https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3224

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-9-25

    秋分 暑さ寒さも

    秋分の日を境に秋の夜長に向かい、暑さも和らいでいきますね。

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る