小津和紙店前の和紙の材料となる木(2022年3月~7月)...

和紙(わし/わがみ)は、日本古来の紙ですが、その材料には麻・楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・雁皮(がんぴ)=靭皮(植物の外皮の下にある柔らかな内皮)などの繊維が中心に使われてきました。いずれも繊維が長くて強靱で、光沢があり、和紙の特徴である薄くて強い性質を表しています。日本橋本町の小津和紙店前には楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・かじの3種類の木が育てられています。ものの本によると、9月に刈り取って紙に漉いて和紙にするという事なので、3月中旬から7月中旬にかけて毎月写真撮影し、成長の様子を確認してみました。

小津和紙店: 中央区日本橋本町3-6-2

小津和紙店前の和紙の材料となる木(2022年3月~7月) https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3211

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-10-6

    タイトルに「銀座」がつく映画

    皆さんは「銀座」と聞いて何を連想しますか?
    東京はもとより日本を代表する繁華街、高級商業…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る