麒麟の翼 読書おすすめ 感想文『鰭ではなく、なぜ翼』と名付けられたのか?...

 私が、この「麒麟の翼」を読もうと思ったきっかけは、ある旅行社主催のツアーに有料で参加して、ガイドさんが、名橋・日本橋で、『この獅子が手をかけているのは、東京都のマークです。 そして、こちらは麒麟と言う想像上の動物で羽根が生えています』という間違った上に、不十分で稚拙な説明を聞いたからです。 

 プロのガイドには、「中央区観光検定の教本 歩いてわかる中央区ものしり百科」を読んで、しっかりマスターして欲しいと思いました。

 そして小説「麒麟の翼」は、『鰭ではなく、なぜ翼』と名付けられたのか(?)と思ったのが、読書に至ったきっかけです。

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2023-1-30

    三重テラス『つディ70回』コロナ以来の初イベントです!

    津市は三重県の県庁所在地です。

    三重テラスでのつデイ第70回津市農林水業産物利用促…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. NO IMAGE

    2023-1-1

    【謹賀新年】 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 中央区観光情報センターは、元旦より営業をしております。(1月1日と2日は、9:00から18:00までの営業となります。…

    【謹賀新年】 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 …
ページ上部へ戻る