チョコと縁のある東日本橋...

 東日本橋地区はチョコと縁があります。一般社団法人日本洋菓子協会連合会のHP内、日本洋菓子史には「日本で初めてチョコレートを加工して販売したのは東京日本橋区(注:原文は旧体字)若松町(同:現東日本橋) 両國 米津松造だといわれています。彼は1878(明治11)年12月24日の『かなよみ新聞』にチョコレートの広告を出しました。この頃、チョコレートは猪口令糖、貯古齢糖、知古糖、千代古令糖などと書き、カカオは甘豆餅と表記していました」とあります。さらに同HPには「米津松造の出した初期の広告。『新発明ボンボン』の次の行に『新製猪口令糖』の文字が見える」との説明書きで、掲載された広告を紹介しています。

チョコと縁のある東日本橋 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3330

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-9-25

    秋分 暑さ寒さも

    秋分の日を境に秋の夜長に向かい、暑さも和らいでいきますね。

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る