入船、湊は印刷製本の町...

築地一丁目のビルの片隅、植込みにひっそりと活字発祥の碑があります。

"明治六年(1973)、平野富二がここに長崎新塾出張活版製造所を興し

   後に株式会社東京築地活版製造所と改称し日本の印刷文化の源泉となった。”

 と刻まれています。

幕末に長崎奉行所のオランダ通詞だった本木昌造は外国の書物に接する機会が多く出版に興味を持ち、日本の活版印刷の先駆けとなります。

昌造の後年の弟子の一人が平野富二です。

オランダ技師から様々な機械学を学んだ富二は優秀なエンジニアになっていました。

活版印刷業で窮地に追い込まれていた昌造の事業を引き継いで立て直します。

その後東京(神田和泉町)に出て長崎新塾出張活版製造所を開設します。

築地に移転して、築地活版製造所と称し、活字だけでなく、活版印刷機の製造、販売を本格的に始めました。

この碑は1971年に建てられました。

 

入船、湊は印刷製本の町 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3299

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-8

    対話する大けやき ―コレド室町テラス広場―

    重要文化財の建物が立ち並ぶ日本橋の一角にある大けやきの広場、夏は木陰を作り、冬は木のぬくもりが…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る