銀座の老舗バーに女性が集う --文壇、画壇、映画演劇界に愛されたバー・ルパン...

銀座には二つの顔がある。デパート、老舗店、ブランドショップなどの昼の顔。そして陽が落ちると見せはじめる「酒場・バー」そして「夜の社交場・クラブ」の顔。「夜の社交場」はさておいて、老舗のバー・ルパンを訪れました。

里見淳、泉鏡花、菊池寛らの支援で昭和3年(1928年)モダンボーイ、モダンガールが銀座を闊歩していた時代にルパンはオープンしました。永井荷風、川端康成、林芙美子、さらに東郷青児、岡本太郎といった画家・アーティストや演劇界の重鎮、小山内薫、宇野重吉も常連だったそうです。

店の扉を開けて階段を下っていくと太宰治の写真と昭和24年のルパン達人会の寄せ書きが目に入ります。

 

銀座の老舗バーに女性が集う
--文壇、画壇、映画演劇界に愛されたバー・ルパン https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3406

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-8

    対話する大けやき ―コレド室町テラス広場―

    重要文化財の建物が立ち並ぶ日本橋の一角にある大けやきの広場、夏は木陰を作り、冬は木のぬくもりが…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る