中橋に「擬宝珠」はあったか?...

慶長8年(1603)に創架された「日本橋」と「京橋」、「新橋」に添付写真のような擬宝珠が付いていたのは有名な話です。「中橋」という名称は、「日本橋」と「京橋」の間にあったのでそのように命名されたということから、中橋の架橋は日本橋架橋の時期よりは後ということになります。おそらく9本の舟入堀が造られた1612年~1615年と推測されます。江戸前島の舟入堀の一つであった紅葉川(現八重洲通り)にかかっていた「中橋」には、擬宝珠はあったのでしょうか?なかったのでしょうか?

結論は残念ながら「擬宝珠があったかどうかは判らない」ですが、このような結論を導き出した過程を紹介したいと思います。

まず日本橋の架橋の歴史を紐解きます。江戸時代における木造橋の寿命は平均20年とされているので、創架から15年を経た元和4年(1618)に改築されたというのは事実でしょう。この時、日本橋ー中橋ー京橋がつながったと推測されます。明暦3年(1657)までの約40年間、大火に類焼したという記録がありません。20年目の前後というと、寛永15、16年頃(1638、1639)のことであって、おそらくこの時に擬宝珠が初めてかけられたと言われています。中橋は既に造られているでしょうから、日本橋・京橋と同時期にかけられたかもしれません。日本橋欄干の擬宝珠はそれ以前からあったのかどうか不明ながら、明暦の大火後の改架時につけられたことは「享保撰要集」に「日本橋擬宝珠十」として記しているので明らかです。しかし中橋に関わる記述はありません。

『武江年表』には細注で次のようなことが書かかれています。

「或書に、昔は鹿相(?)の橋にてありしが、この時始めて勾欄擬宝珠等出来し、といえるはいかがあらん。寛永の『あづまめぐりの図』にも、ぎぼうしゅあり。この時児玉勝次という人わたり始めるという」

「中央区史」によれば、欄干造り唐銅(からかね)擬宝珠親柱の橋は、江戸城見附御門のほかは、日本橋と京橋の二橋のみと断言しているので、中橋にはなかったのかもしれません。日本橋・京橋とは「格」が違うのでしょうか?

 

中橋に「擬宝珠」はあったか? https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=3142

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-12-8

    対話する大けやき ―コレド室町テラス広場―

    重要文化財の建物が立ち並ぶ日本橋の一角にある大けやきの広場、夏は木陰を作り、冬は木のぬくもりが…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る