江戸歌舞伎発祥の地 中橋南地は何処 ...

 「歩いてわかる中央区ものしり百科」によれば、

 江戸歌舞伎は、寛永元年(1624)に、猿若座(のちの中村座)の猿若勘三郎が中橋南地(現在の京橋一丁目周辺)で櫓を上げたのがはじまり。 <中橋南地は何処かな?と疑問に思っていました。>

記念碑は京橋のたもとにある。 江戸歌舞伎発祥の詳細は本欄の囲み記事を参照(p44)へ。とあり、

中橋南地で猿若座が櫓を上げてから、寛永九年に中村座は禰宜町に移転し、慶安四年には上堺町、さらに下堺町へと移転したこと、また寛永十一年には村山座(後の市村座)が上堺町(後の葺屋町)で、寛永十九年には山村座が木挽町(現在の銀座周辺)で、万治元年には同じく木挽町で森田座(後の守田座)が櫓を上げて歌舞伎の興行をはじめた。 (以下、割愛)とあります。

難しいことを言わずとも、京橋1丁目1-10の西勘本店様の垂れ幕に「江戸歌舞伎発祥の地」と書かれているのを見つけました。

 

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-10-6

    タイトルに「銀座」がつく映画

    皆さんは「銀座」と聞いて何を連想しますか?
    東京はもとより日本を代表する繁華街、高級商業…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る