名橋・日本橋 花の広場 ギボウシが咲く...

 慶長8年(西暦1603年)に初めて架けられたと言われる日本橋は、何度かの架け替えを経て、明治44年(西暦1911年)に完成した石造二連のアーチ橋です。装飾を担当されたのは、建築家の妻木頼黄さんです。橋の柱には擬宝珠がかけられています。 橋の四隅には一般公募を経て、名前が付けられており、今日は、その四隅の特徴を簡単にお話します。

 江戸時代に高札場があったところは、「花の広場」と命名されています。

この清々しい季節、梅雨入りの前に、「大葉擬宝珠」が咲き始めています。(5月13日現在)

 

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2023-2-6

    溢れる悪の魅力ー仁左衛門一世一代の「亀山の仇討ち」ー二月歌舞伎座

    今日は節分。歌舞伎座のロビーには節分のお豆が並んでいます。二部の演目にも「三人吉三」が並び季節…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. NO IMAGE

    2023-1-1

    【謹賀新年】 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 中央区観光情報センターは、元旦より営業をしております。(1月1日と2日は、9:00から18:00までの営業となります。…

    【謹賀新年】 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 …
ページ上部へ戻る