銀座に「カフェー」がやって来たころ...

琥珀色の液体を口に含めば、そこは異郷?(銀座「カフェーパウリスタ」で)

 

この秋、ヨーロッパ屈指のコーヒー・チェーン「コスタコーヒー」の旗艦店が銀座にオープンします。振り返れば今日のカフェ・ブームを牽引してきた「スターバックス」の日本での1号店誕生も、ここ、銀座でした。そもそも、モダン都市の憩いの場であり社交サロンでもあったカフェ文化が花開いたのが、明治末から大正、昭和初期にかけての銀座。その揺籃期を彩った店の面影を、関係者の著作などから追ってみましょう。

 

日本でいわゆる「カフェー」なる店が名乗りを挙げたのは1911年(明治44年)。奇しくも3つの店舗が相次ぎ銀座で店開きしました。一番乗りと目されるのが3月に京橋区日吉町20に誕生した「カフェー・プランタン」。今は高級クラブなどが複数入居する銀座8-6-24のビルあたりが、その跡地と思われます。

 

折しも、新進気鋭の画家や文学者、俳優たちが「パンの会」を結成し、鎧橋のたもとに出来たばかりの西洋料理店「メイゾン鴻乃巣」などに集って芸術論に気炎をあげていた時代。洋行帰りの若者もチラホラ現れ、ヨーロッパの小粋なカフェーへの憧れが募る中、洋画家の松山省三が仲間を募って創業しました。

 

銀座に「カフェー」がやって来たころ https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=4325

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2024-2-21

    江戸時代、流人船は永代橋から出航した

    先月、 日本橋箱崎町の道路愛称「箱崎北新堀通り」 について書きましたが、江戸時代の北新堀河岸と…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2023-8-26

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設がたくさんあることをご存知でしたか? 海外からのお客様が日本の文化を体験したいと大人気ですが、日本人の方にもおすすめしたい…

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設が…
ページ上部へ戻る