【遠足シリーズ第52弾】堺の職人と故郷の風景~柳が語る銀座と堺の関係とは~...


こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です。
突然ですが、江戸時代における現・東京都中央区と現・大阪府の関係と言ったら、皆様は何を思い浮かべますか?
関係は色々ありますが、やはり1644年(正保元年)に摂津国西成郡佃村(現・大阪府大阪市西淀川区)から江戸にやってきて、佃島を築いた漁師たちを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。
(佃島を築いた漁師たちの詳細は、2018年11月の記事「【遠足シリーズ第9弾】漁民が結んだ縁の島」をご覧ください。)

私の中でも江戸時代における現・東京都中央区と現・大阪府の関係と言ったらそのイメージだったのですが、先日大阪府堺市を訪れ、市役所周辺を歩いていると、「『銀座の柳』の言い伝え」と題された案内板が目に飛び込んできました!
そして、そこにはこう記されていたのです。

東京の「銀座」という地名は、江戸時代に堺から移住した銀細工職人が銀貨を鋳造した地であることから「銀座」と呼ばれるようになったそうです。また、今も「銀座」に柳が植わっているのは、職人たちが堺を懐かしみ堺から柳を移植したからとのことです。柳は堺市民の木になっています。

 

【遠足シリーズ第52弾】堺の職人と故郷の風景~柳が語る銀座と堺の関係とは~ https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=4442

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2024-2-21

    江戸時代、流人船は永代橋から出航した

    先月、 日本橋箱崎町の道路愛称「箱崎北新堀通り」 について書きましたが、江戸時代の北新堀河岸と…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2023-8-26

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設がたくさんあることをご存知でしたか? 海外からのお客様が日本の文化を体験したいと大人気ですが、日本人の方にもおすすめしたい…

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設が…
ページ上部へ戻る