日本橋と江戸橋の間で教科書にも載る「あの事件」が起きていた!...

『江戸名所図会 7巻』国立国会図書館デジタルアーカイブスより抜粋

どうも、です。

中央区はその名の通り江戸時代に江戸の中心地とした賑わった地。諸国から様々な物資を集めてくるために川や堀などの水運が発展し、江戸中に張り巡らされた川沿いには物資を荷揚げするための「河岸」が設けられました。

特に日本橋北詰にあった「魚河岸」は、17世紀のはじめから昭和10年(1935年)の築地市場への移転に至るまで江戸の人々の食生活を支えた場所として有名です。

当時は荷揚げする品目ごとに河岸を設けることが多かったので、例えば京橋の袂には竹を集積する「竹河岸野菜を荷揚げした「大根河岸など、どのようなものを荷揚げしていたのかが名前から推測することができるものもあります。

ふと、日本橋川には魚河岸の他にどんな河岸があったのだろうかと気になったので、以前手に入れた中央区沿革図集を眺めてみることにしました。

参考:今年も「中央区沿革図集」が特別価格で頒布されています!

日本橋と江戸橋の間で教科書にも載る「あの事件」が起きていた! https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=4666

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2024-2-22

    中央区の銭湯数

    中央区の銭湯は令和6年2月現在8軒の銭湯が営業しています。同じ建物、同じ浴室の銭湯はなく、各銭…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2023-8-26

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設がたくさんあることをご存知でしたか? 海外からのお客様が日本の文化を体験したいと大人気ですが、日本人の方にもおすすめしたい…

    京橋ボードを更新しました! 今回は【中央区内で和文化体験】です♡ 中央区には和文化体験ができる施設が…
ページ上部へ戻る