中央区の名建築(6)日証館...

日証館(中央区日本橋兜町1-10)は、東京証券取引所の北側、日本橋川沿いに建つ大型のビルです。

この地には、明治21年(1888)渋沢栄一邸が建設され、自宅や事務所として使用していましたが、

関東大震災で罹災、昭和3年(1928)、東京株式取引所により現在の日証館が建設されました。

鉄骨鉄筋コンクリート造7階建て、古典様式の三層構造、基壇の大きな石貼り、大小のアーチ窓が並ぶ

重厚な外観となっています。

設計は、横河工務所(横河民輔所長)です。

昭和21年(1946)に証券取引所ビルが米軍に接収されたため、約3年間、取引所取引に代わる

集団取引がこの日証館で行われたことがあり、戦後は最多で35社の証券会社が入居するビルとして

証券業界の歴史を担ってきました。

(現在は、平和不動産がこのビルを保有しています)

中央区の名建築(6)日証館 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2337

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-16

    家紋?社章?月島の街角に残る謎のマークに迫る


    こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です。
    中央区に引っ越してきて…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-7-15

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る