人口増加率19.9%は“全国第1位”...

 「文春オンライン」の記事「人口増加率19.9%は“全国第1位”・・・・タワマンが乱立する東京都中央区・・・・」を興味深く読みました。

 福島県の復興地区を除けば、中央区が人口増加率全国第1位の自治体なのですね。

 2010年から2021年への人口増加率を区内の地区別に見ると、1位は晴海2丁目で、488人→7,148人、オリンピックが終わり、選手村が住宅になると、人口は、1万2000人になるようですから、中央区の今後は、晴海地区の発展が大きな鍵になるのでしょう。

  人口増加上位地区のリストを見ると、中央区全域でまんべんなく増えているようです。この10年強で4倍以上になった地区は、日本橋エリアに2カ所。3倍以上が日本橋・京橋・月島のそれぞれのエリアに1カ所ずつとなっています。中央区全域でマンション化が進んだということでしょう。

  同記事は、最近の100年間の中央区の人口変動について、

「1920(大正9)年に第1回の国勢調査が行われた時、現在の中央区のエリアには27万人近い人が住んでいた。しかし、会社などの進出で新しく住む土地がなくなり、人口の伸びは鈍化した。関東大震災があった1923(大正12)年には9万5000人ほどに減った。震災復興と共に人口は回復し、28万人台に達したものの、太平洋戦争の空襲で日本橋は面積の49%、京橋は21%が被災して、終戦の1945年には人口が9万人を割り込んだ。」

 そして

「戦後は引き揚げや疎開からの帰還、東京への流入などで増加に転じ、1953年には17万2183人を数えた。これが戦後のピークである。その後は高度経済成長期の都市開発で民家が減るなどし、1975年に10万人を割り込んだ。危機感を抱いた区役所は「定住人口回復対策本部」を設置したが、バブル経済の地価上昇で流出が止まらず、その後はバブル崩壊のダメージも加わって、1997年4月に7万1806人まで減った。・・・・・・・・・・・・・・・ そして、中央区の人口は、今年7月1日時点で17万1428人。バブル崩壊後の2.4倍近くに増え、戦後のピークと肩を並べるまでになっている。・・・・・・・・・ 開発計画はなお目白押しだ。 区役所の推計では、2027年に20万人を超え、2031年には約21万5200人に達するという。」

と述べています。

人口増加率19.9%は“全国第1位” https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2427

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-10-6

    タイトルに「銀座」がつく映画

    皆さんは「銀座」と聞いて何を連想しますか?
    東京はもとより日本を代表する繁華街、高級商業…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る