「祈りの幕が下りる時」 おすすめです 中央区百景...

 「祈りの幕が下りる時」は、東野圭吾さんの推理小説です。

東野東吾さんは、主に日本橋人形町を舞台にした「新参者」や「麒麟の翼」を執筆されており、沢山のファンが愛読されていることと思います。 

 この推理小説は、仙台で小料理屋とスナックを経営している女性のところへ、秋保温泉で旅館の女将をしている友人から電話がかかってくるところから始まります。 その女将によれば、住み込みの仲居の募集広告を見てやってきた36歳の女性を自分のところでは不向きなので、スナックで雇うべく面接してはどうかという電話です。 これが、「幕が上がる時」です。

(小説と一緒に写っている中央区案内全図は、京橋エドグランの「中央区観光情報センター」で入手できます。 日本橋、京橋、銀座の観光に大変重宝します。)

「祈りの幕が下りる時」 おすすめです 中央区百景 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2436

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-9-25

    秋分 暑さ寒さも

    秋分の日を境に秋の夜長に向かい、暑さも和らいでいきますね。

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…
ページ上部へ戻る