夜半亭 与謝蕪村居住地跡 芭蕉、蕪村、一茶...

 夜半亭・与謝蕪村居住地跡の説明碑は、日本橋室町4-5、本町4-2の中央通りを一歩入ったところに設置されています。 隣り合うように、「石町時の鐘」の説明碑も設置されています。

俳句と言えば、有名な俳諧師では松尾芭蕉(正保元年1644年伊賀国上野赤坂生まれ)、与謝蕪村(享保元年1716年大坂郊外の毛馬村出身)、小林一茶(宝暦13年1763年信濃国上水内郡柏原村生まれ)の三人が有名です。

江戸俳句では、松尾芭蕉が「蕉風」というスタイルを確立しました。 芭蕉は、俳句の宗匠として自立する時に、日本橋小田原町の寄宿先から深川の庵に転居する時に、「発句なり松尾桃青宿の春」と詠んでいます。

 与謝蕪村は、松尾芭蕉の72年ほど後に生まれ、芭蕉が記した「おくの細道」などの紀行文に憧れ、俳句の道を志し、22歳の時に、夜半亭宋阿(早野巴人)に師事します。元丈二年(1737)、22歳の時でした。

 

夜半亭 与謝蕪村居住地跡 芭蕉、蕪村、一茶 https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.php?id=2021

↑ブログの続きはこちらからご覧いただけます。

街の人のブログ

  1. 2022-8-18

    地下道探検 【東銀座・銀座・日比谷・東京駅・八重洲地下街編】 第4話 日比谷から東京駅へ (キッズ向け)

    ~前回までのあらすじ~

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-7-15

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも、すっきりしないお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さは一旦和らいていますが、今年も猛暑の予報ですので…

    ♪スタッフオススメ店♪ Somenova・みやこ染 皆様こんにちは。早い梅雨明けが発表されてからも…
ページ上部へ戻る