カテゴリー:街の人のブログ

  • 息をのむような美しさのクリスマスツリー...

     日本橋髙島屋の本館1階正面ステージのクリスマスツリーが息をのむようなほど美しい。

    今年のテーマは「ねがうこと、わかちあうこと  Takashimaya Very Berry Christmas」。

    オーナメントとして飾られている赤いくまのぬいぐるみは、キュートで愛らしい。

    この心が洗われるようなクリスマスツリーを見上げて、多くのお客様が目を輝かせていた。

     ステージ左側では、くまのベイリーが大好きな赤い実を探して、森の中を旅する映像が流れている。

    https://youtu.be/KmJK3Qjy0KE

    幸せを願い、分かち合うことで、未来への希望を描いたクリスマスストーリー。

    くまのベイリーが、森の中で生きる生きものたちと幸せを分かち合うように、私たち人間も、

    他と争うのではなく、共に思いやり、幸せを分かち合うことの大切さを教えられた気がした。

     

    展示場所:日本橋髙島屋 本館1階 正面ステージ

    展示期間:2022年11月16日(水)から12月25日(日)

    営業時間:午前10時30分から午後7時30分

    (年末年始の営業時間は、日本橋髙島屋の公式ホームページをご参照ください。)

     

  • 銀座の「銀座でワイン」でワインを楽しむ!?...

    「世界各国500種以上のワインと本格イタリアン、
    炭火串焼きを楽しめるワインバル」
    というのがお店のコンセプトなのですが、
    実は2回の訪問はどちらも2次会での利用でした。

    なので、炭火串焼きが楽しめていないのですが、
    2階のとても静かな個室のような空間の席で
    チーズなどをつまみながら、ワインを楽しみました。

    お腹が空いてる時は、串焼きに魚介に肉料理、
    パスタやお米料理まで本当に種類が豊富です。

    でも、2軒目で利用してもピクルスやナッツやドライフルーツ、
    チーズの盛り合わせなどワインに合うおつまみも充実しています。

    パーティプランもあるので、今度は1次会から利用してみたいです♪

    「銀座でワイン」これお店の名前です(笑)
    店名だけで銀座でワインが楽しめるのがわかるし、
    ありそうでなかった名前、うまくつけたなあと思います。

    銀座でワインのホームページ

     

  • 鏑木清方「築地明石町」美人画三部作が重要文化財に...

    今年の春、東京国立近代美術館で没後50年展が開催された鏑木清方ですが、代表作「築地明石町」「新富町」「浜町河岸」の三部作が新たに国の重要文化財に指定されました。
    11月18日の東京国立近代美術館ホームページに発表されました。

    美人画で有名な鏑木清方ですが、神田に生まれ、木挽町、浜町で幼少・青年期を過ごし、中央区にとてもゆかりの深い画家です。作品には、清方が育ち慣れ親しんだ江戸の風情が残る明治時代の東京下町が描かれています。

    この「築地明石町」は44年にわたり行方不明となり、2018年に発見された幻の美人画といわれていました。髪をイギリス巻にし、単衣の小紋の着物に黒い羽織姿の女性。瞳、眉、口など顔や髪の毛、着物や小物まで、細かくとても丁寧に描かれていています。まるで浮世絵の美人画のようでもあり、女性の優美さや清らかさが感じられます。

  • ご存じですか?「こんぴら狗」の物語...


    こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です。
    しばらく前に香川県琴平町の象頭山に鎮座する金刀比羅宮や銀座の資生堂パーラーが運営する「カフェ&レストラン 神椿」を訪れる機会がありました。
    時間の都合上、登ったのは金刀比羅宮の境内の入口にあたる大門までの365段の石段でしたが、石段沿いに並ぶお店や大門から見た琴平町の風景はとてもよく記憶に残っています。

    後日、先輩特派員の小猿さんと久しぶりにお会いする機会があり、日本橋図書館7F展示コーナーで12月21日(水)まで開催されている日本橋図書館展示「江戸の旅と暮らし展」のチラシをいただきました。
    さらに後日、日本橋図書館のその展示に足を運んだところ、今井恭子『こんぴら狗』(くもん出版、2017年)という本が目に留まりました。
    2018年の「第64回 青少年読書感想文全国コンクール」小学校高学年の部の課題図書に指定された児童書ではありますが、表表紙に描かれた可愛い犬と見覚えのある急な石段のイラストに惹かれ、金刀比羅宮の記憶が新しいうちに読んでみることに。

  • 第70回中央区観光商業まつり  諏訪商店の逸品...

     「第70回中央区観光商業まつり」で、スタンプラリーに挑戦しました。

    東急プラザ銀座のスタンプラリー設置場所から、東日本橋の薬研堀不動院、明治座、月島もんじゃ振興会協同組合、ぷらっと築地、銀座ナイン、コレド室町の「日本橋案内所」などでスタンプを押印してきました。途中ではコレド日本橋で昼食、秋への移ろいを感じる情景を楽しみながら、江戸バスも利用して、お買い物も楽しみました。

     その楽しい思い出を忘れかけていた頃、一つの宅配便が届きました。

    荷送り人は、「中央区観光商業まつり実行委員会事務局」です。 何だろうと、開封すると、中から、築地場外市場の名店、諏訪商店の佃煮セットが入っていました。

    あさり佃煮、たらこわかめ佃煮、にしん甘露煮の三点セットです。

    ご飯に、酒の肴に最適の商品です。 有難うございました。

  • ブールミッシュさんの 新登場ケーキ2品 & 2022クリスマスオリジナル商品 他   ~ ブ...

    リモートで、愛する中央区をナビゲートします、rosemary  sea  です。

     

    洋菓子のブールミッシュ 銀座本店さん。

    フランス菓子を基調とした新しい洋菓子文化の創造を目指します。

    今回は、

    ◎ 新しく登場しました「アプリコット・ピスタチオ」「ルージュ・シュルプリ」

    ◎ 2022クリスマスオリジナル商品

    ◎ クリスマスケーキ

    ◎ 型抜きチョコレート

    をご紹介させていただきます。

    クリスマスまで1カ月、ブールミッシュさんの店内フロアも華やかさを増しております。

     

  • 開催中 海老屋美術店『第28回 ユアン クレイグ 作陶展』...

      日本橋の海老屋美術店で、『ユアン クレイグ 作陶展』が開催中です。

    期間 2022年11月20日(日)~2022年11月27日(日) 11:00am~7:00pm

    ユアン クレイグさんは、毎日画廊に居ります。

    作り手の私と器との言葉に、

    使い手のあなたの言葉を加え対話となります。

    器に日々の気持ちを添えて、

    穏やかな暮らしの一部になれば幸いです。

    1978 陶芸の道を歩みだす。

    1988 ラトローヴ(ペンディゴ)大学陶芸デザイン科卒業

    1990 来日

    1991 島岡達三師の門下に入る

    1994 益子町に築窯

    2000 市貝町に転居、築窯

    2011 群馬県みなかみ町に転居

    2012 みなかみ町に築窯, 現在に至る

  • 公園でナイトシネマ。イベントが続く坂本町公園...

    昨年リニューアルした茅場町の坂本町公園では、地域の人たちが中心となって定期的にイベントを開催しています。11/12にナイトシネマを開催していたので、行って見ました。

  • 中央区立図書館と本の森ちゅうおう...


    こんにちは。アクティブ特派員のHanes(ハネス)です。
    8月31日で京橋図書館が休館し、本の森ちゅうおうへの移行作業が始まってからというもの、これまで以上に日本橋図書館月島図書館を利用するようになりました。

    京橋図書館のあった場所は、江戸時代前期に埋め立てられ、後に土佐藩山内家中屋敷ないしは下屋敷を置いた場所。
    北側(中央区役所側)には「土佐藩築地邸跡」の案内板が設置されています。

町の人のブログ

  1. 2022-11-26

    COREDO×EXILE CHRISTMAS 2022

    https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/detail.ph…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-8-22

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内です。 ご祝儀袋や贈答品の包み紙などを飾る帯紐で馴染みのある水引結びを体験してみませんか? ワークショップの内容は、オリジ…

    【水引結びのワークショップ開催のご案内】 みなさま、こんにちは! 水引結びワークショップのご案内で…

中央区とは

感染対策

ページ上部へ戻る