カテゴリー:街の人のブログ

  • 宗家 源 吉兆庵銀座本店...

    創業1946年岡山から始まり2019年10月に銀座に新拠点銀座本社ビル「THE HOUSE」を銀座6丁目にグランドオープンした。二階から五階はカフェレストランになっており食事も出来る。故郷のように帰りたくなる場所、笑顔でいられる場所、一番ほっと出来る場所で有りたいとの想いを込めて名付けたそうです。四季の果実を使い、季節ごとに商品の入れ替えを実施しお客様に季節を感じて欲しいと広報の西沢さんは言う。定番の和菓子も有るが、季節の果物を使った新感覚の商品が並び、まるで洋菓子のように感じる。一部の果物は自社農園産を使用、あんこも自社製で製品ごとに糖度や食感を変えているとの事。コロナの影響は受けているものの、若者向け、インバウンドに注力している。筆者は5月に訪問したが店内には人形、ねぶたの鯉のぼり等をディスプレイして来客を楽しませる気遣いを忘れない。使用している果物は、びわ、桃、マスカット、紫苑、サクランボ、リンゴ、メロン、柿、梨など。

     

  • 明石小学校への想い...

    1908(明治41)年、中央区明石町に木造二階建てで開校した明石小学校

    この写真は50年ほど前の姿です。

     

    江戸時代、学校のある辺りは広大な広さ(8794坪)の播州赤穂藩の上屋敷でした。

    1701年に播州浅野家四代目当主、内匠頭長矩が江戸城松の廊下で刃傷事件を起こし、3日後には幕府によって取上げられます。

    翌年、仇討ち本懐を遂げた赤穂浪士達が主君の眠る泉岳寺に向かう際、屋敷跡を通ったようです。

     

    その後、中津藩奥平家の中屋敷となり、中津藩の藩医であった前野良沢のもとに杉田玄白や築地に住んでいた桂川甫周らが集まり、オランダの解剖学書ターヘル・アナトミアを翻訳した場所になります。

    翻訳の苦労を正しく後世に残す為、玄白が解体新書を残します。

     

    幕末には中津藩士、福沢諭吉が蘭学塾の教師に赴任して、この地が慶應義塾の起源になります。

     

    1869(明治2)年、明治政府によって、明石町は外国人居留地に指定されます。

    横浜や神戸のような商業都市への発展の仕方とは違い、宣教師や教師、医師が多く住み、洋館が立ち並び学校が沢山できます。

     

    居留地の端に原っぱがあり、渋沢栄一らが箱根仙石原で始めた牧場の支店がそこで営業を始めます。居留地で3軒しかない日本人の家の一軒が牛乳を売る店で、そこで産れた男の子が芥川龍之介です。

     

    何とも歴史に関係する場所ですねぇ。

  • はたらく乗り物大集合!【晴海 臨港消防署編】(キッズ向け)...

    ねえねえ、博士。今日は晴海(はるみ)をてくて歩くんだよね。

    今日は天気もいいし、散歩にはもってこいじゃのぉ。

    消防署の人たちが、訓練(くんれん)をしてるね。この船はなあに?

    これは「みやこどり」じゃ。長さは約43メートル。赤い放水砲(ほうすいほう)が6つ見えるじゃろ。ここから毎分60,000リットルの放水ができるんじゃ。

    ぼく、ちいさい頃に放水ショーをみたことあるよ。東京みなと祭の「水の消防ページェント」だったかなぁ。

    この消防艇(しょうぼうてい)は大きな災害にも対応できるように、船の中に救急処置用ベッドが14もあるんじゃよ。

    へぇー、すごいね「みやこどり」

  • 「K&K 缶つま 岐阜県産 小鮎油漬け」を発売   ~ 国分グループ本社・ROJI日本橋 ~...

    リモートで、愛する中央区をナビゲートします、rosemary  sea  です。

     

    日本橋に本社を構える国分グループ本社株式会社さんは、千代田区の株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングスさんのグループ会社であります岐阜県大垣市の株式会社森養魚場さんの小鮎を使用した新商品「K&K 缶つま 岐阜県産 小鮎油漬け」を、6月1日(水)の「鮎の日」に合わせて発売しました。

     

    なお、このお品は国分グループ本社株式会社さんが運営するセレクトショップ「ROJI日本橋」さんでもお取り扱いされています。

    併せて「ROJI 日本橋オンライン」においても発売されます。

    (文末をご覧ください。)

     

  • 銅版画の世界...

    銀座界隈にはたくさんのギャラリーがあり、さすが文化を育む街です。
    私が中央区観光協会へ行く時や仕事場から銀座へ歩く途中など、あらここにも!と、個展開催中のギャラリーの前を通ります。

    そんなギャラリーの一つで開催される銅版画展のお知らせです。

  • 画廊の夜会 靖山画廊 現代、近代に頼まう。2022年06月07日(火)まで...

     銀座ギャラリーズが2004年からスタートした、夕方から夜にかけて一斉に開廊するイベントが「画廊の夜会」です。今年は27画廊が参加し、それぞれ多彩な展覧会でおもてなしをして下さいました。

     その銀座ギャラリーズに加盟の画廊が主催する「画廊の夜会」に行ってきました。

    今日は東銀座の歌舞伎座から近い、靖山画廊さんの「現代、近代に頼まう。」展に出展の作品を鑑賞しました。

     画廊の室内に飾られた片岡球子画伯の揮毫が素晴らしいです。

     

  • 月島「牧野商店」美味しい鮭のお得情報をご紹介!...

    月島「牧野商店」の美味しい鮭も6月からの値段改定が気になるところですが、今回のブログはお得情報をお知らせします!

    桜やよいイチオシは「尾の切り落とし」です。昨年の後半から超お得な「尾の切り落とし」が販売されています。小さめと中くらいの2種類があるそうが、無くなり次第販売終了となるため、なるべく午前中にお越しいただくとゲットできる可能性が高くなると思います。

    二オシは「サケのカマ」です。意外に身がついていますので、カマ好きの方にはお勧めです。これも無くなり次第販売終了です。

    サンオシは「切れたらこ・切れ明太子」です。少量がお好みの方には、超お得です。

    ご進物でなく、家で食べる分には十分お買い得ですので、是非お買い求めにいらっしゃることをお勧めします。

    牧野商店 中央区月島4-10-1

    〒104-0052

    ☎・FAX03-3534-0088

    E-mail:makino_shouten@ybb.ne.com

    営業時間 9時~19時 営業日 月曜日~土曜日(日・祝日日・夏季・冬季休業日を除く)

     

     

  • うどん百名店でアボガドうどん!...

    江戸時代から続く八百屋さんが十数年前にはじめたうどん屋「太常」(だいつね)さん。 今年も「うどん百名店EAST」に選出された名店を堪能してきました。 

  • 隅田川テラスが連絡橋で繋がりました!(大島川水門付近)...

    2022年5月、「隅田川テラス連絡橋」(大島川水門付近)が開通しました。
    街中へ迂回することなく、隅田川の川沿い「隅田川テラス」を歩いて通れるようになりました。

町の人のブログ

  1. 2022-6-30

    築地駅はまもなく開業60周年

    東京メトロ日比谷線の築地駅をご利用になることはありますでしょうか。築地本願寺や波除…

動画で見る中央区

  1. 2021-3-18

    中央区プロモーション映像 Experience Central Tokyo

    プロモーション映像 漢字一文字をテーマとした5編と総合ダイジェスト版の計6編から構成されています。…

体験・遊び

  1. 2022-1-25

    ♪中央区スタッフオススメ店♪ 凧の博物館 皆様、お元気ですか? 新年が明けて、既に1か月が過ぎようとしております。 今年の冬は本当に寒いですね・・・。 今日はお正月遊びの一つである【凧】の博物館をご紹介します。 こち…

    ♪中央区スタッフオススメ店♪ 凧の博物館 皆様、お元気ですか? 新年が明けて、既に1か月が過ぎよ…

中央区とは

感染対策

ページ上部へ戻る